ページ上部へ

アルクルは介護予防を中心とした、通所介護(デイサービス)を提供しております。

ご利用の流れ

サービスをご利用いただくまでには、主に2つのステップがあります。

特徴 その1

介護保険サービスを利用する際は、まず「要介護(要支援)認定」の申請の必要があります。認定の可否により、その後利用できるサービスが異なります。

申 請申請

窓口申請(市町村)

本人または家族などがお近くの高齢者総合相談センターや役所の介護保険課に申請を行います。

申請に必要なもの
  • ①要介護(要支援)認定申請書
  • ②介護保険被保険者証
  • ③健康保険被保険者証

調査(全国共通)調査(全国共通)

訪問調査

申請後、区の職員または区から委託を受けたケアマネージャーが、自宅や病院などを訪問し、本人の心身の状態などを調査します。

医師の意見書

本人の主治医に、心身の状態について意見書を作成してもらいます。

審査・判定審査・判定

1次判定

コンピューターにより一次判定が行われます。

2次判定(介護認定審査会)

1次判定結果と、認定調査における特記事項、主治医の意見書をもとに介護認定審査会で審査し、要介護度の判定が行われます。

認 定

申請者に結果を通知します。申請から認定の通知までは原則30日以内に行います。
認定は要支援1・2から要介護1~5までの7段階および非該当に分かれています。

認定の区分

  • 非該当

    介護予防事業、および介護保険
    以外のサービスを
    受けることができます

  • 要支援1~2

    介護サービスの利用

    介護保険の予防給付が受けられます

  • 要介護1~5

    介護サービスの利用

    介護保険の介護給付が受けられます

ステップ2 支援者、サービス提供事業者の決定

支援者の決定

介護(介護予防)サービスを利用する場合は、介護(介護予防)サービス計画書(ケアプラン)の作成が必要となります。

要支援1~2の方
地域包括支援センター(高齢者総合相談センター)への連絡 地域包括支援センター(高齢者総合相談センター)への連絡

地域包括支援センターへ連絡をし、予防プラン作成の依頼を行います。

予防プランの作成 予防プランの作成

県知事の指定を受けた居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)へケアプラン作成の依頼を行います。

要介護1~5の方
居宅介護支援事業者への連絡 居宅介護支援事業者への連絡
  • ・担当になる保健師や介護支援専門員(ケアマネージャー)がご自宅や病院などを訪問します。
  • ・どのサービスをどう利用するか、本人・ご家族の希望、心身の状態を充分考慮して、同意の上で予防プランを作成します。
ケアプランの作成 ケアプランの作成
  • ・担当になる介護支援専門員(ケアマネージャー)がご自宅や病院などを訪問します。
  • ・どのサービスをどう利用するか、本人や家族の希望、心身の状態を充分考慮して、同意の上でケアプランを作成します。

arrow

自分に合った対策の決定

サービス提供事業者の決定

保健師やケアマネージャーが作成したプランをもとに、サービス提供事業者を選択します。

  • ケアマネージャーとの相談
  • ケアマネージャーからの紹介
  • 自ら事業者を探す
施設見学

実際に施設を見学することでご本人にフィットした施設かどうか、ご家族、ケアマネージャーと相談されることをお勧めします。

arrow

施設の決定

  • アルクルに込めた想い
  • サービスの特徴
  • 介護保険制度
  • ご利用の流れ
  • 店舗情報
  • 見学会のご案内